野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の得点創出力はMLB8位!? 米記者がレポート「ジャッジ、ベリンジャー上回る」

大谷の得点創出力はMLB8位!? 米記者がレポート「ジャッジ、ベリンジャー上回る」

6日(日本時間7日)に行われた敵地アストロズ戦で6試合連続安打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。初回の第1打席で、アストロズが誇る好投手の1人、ゲリット・コール投手から左翼線への二塁打を放ち、この日は4打数1安打だった。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

得点創出力を示す指標wRC+はここ2年でMLB8位の150

■アストロズ 4-0 エンゼルス(日本時間7日・ヒューストン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 6日(日本時間7日)に行われた敵地アストロズ戦で6試合連続安打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。初回の第1打席で、アストロズが誇る好投手の1人、ゲリット・コール投手から左翼線への二塁打を放ち、この日は4打数1安打だった。

 今季8勝、奪三振リーグトップに立つコールと対戦したこの日のアストロズ戦。初回2死走者なしで迎えた第1打席で大谷は、カウント1-1からコールの内角へのナックルカーブを逆方向に運んだ。打球は一塁寄りの“大谷シフト”の逆を突いて三塁線を破り、快足を飛ばして二塁に到達。今季最長タイの6試合連続安打とした。

 第2打席は空振り三振、第3打席は遊ゴロに倒れ、8回1死満塁の絶好機では三邪飛に終わった。チームもコールをはじめとするアストロズ投手陣に4安打に封じ込まれて、完封負けを喫した。

 この日の4打数1安打で、今季の成績を192打数59安打13本塁打36打点、打率.307とした大谷。7月に入っても好調を維持しており、5試合で18打数7安打、打率.389と快音を響かせている。

 今季は右肘トミー・ジョン手術の影響で打者専念となっている大谷だが、22本塁打を放ちア・リーグ新人王に輝いた昨季、そして今季と、この2年間での打者としての働きぶりに米記者が注目し、称賛している。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番記者ファビアン・アルダヤ氏は自身のツイッターで昨季からの2シーズンの「wRC+」を示し、大谷がメジャー全体でも上位に入る数値を叩き出しているとした。

「wRC+」はセイバーメトリクスで打者の働きを評価する、MLBでは重要視される指標。リーグ平均の打者と比べて、どれだけ得点を創出しているかを示す。リーグ平均は100となる。

 アルダヤ記者はこの日の試合前時点の成績として「wRC+で見る、2018年開幕以降における、球界最高の打者たち(最低500打席以上)」とし、昨季開幕後から500打席以上立った打者のwRC+のランキングを紹介。大谷はリーグ平均の1.5倍となる150を記録。「1位 マイク・トラウト 8位 ショウヘイ・オオタニ」と、大谷がメジャー全体で8位にランクインすると伝えた。

 米データサイト「ファングラフス」のデバン・フィンク記者も同様のデータを紹介。こちらも試合前時点での数値として、自身のツイッターで「最低500打席以上を記録している打者対象で、デビュー以来ショウヘイ・オオタニは球界8位のwRC+(150)を記録している」と、大谷がMLB全体で8位に入ることを例示。そして「彼はアーロン・ジャッジ(149)を1ポイント、コーディ・ベリンジャー(146)を4ポイント、アンソニー・レンドン(144)を6ポイント、そしてフレディー・フリーマン(142)を8ポイント上回っている」と、球界を代表する打者たちを上回る数値を叩き出していることを紹介した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」