野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神大山、均衡破る値千金の先制打 バント2球連続失敗も…

阪神は7日、本拠地・甲子園で広島戦を戦い、7回に大山が息詰まる投手戦の均衡を打ち破った。

阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】
阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】

7回無死一塁で矢野監督は4番にバントのサインを出すも…

■阪神 – 広島(7日・甲子園)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 阪神は7日、本拠地・甲子園で広島戦を戦い、7回に大山が息詰まる投手戦の均衡を打ち破った。

 阪神の高橋遥、広島の床田と両左腕がゼロを並べ続け、息詰まる投手戦を展開した一戦。7回に均衡が崩れた。阪神は先頭の糸井が中前安打で出塁し、4番の大山が打席に入った。

 ここで矢野燿大監督は、大山にバントのサインを送った。だが、2球連続でファウル。アッという間に追い込まれた。だが、3球ボールが続きフルカウントになると、6球目のシュートを捉えた。打球は左中間を真っ二つに。一塁から一気に糸井が生還し、ついに先制点を掴んだ。

 7連敗中の広島は床田が好投していたが、打線が7回まで散発4安打で無得点と苦しい試合展開となっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」