野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、看板直撃の特大14号に米記者衝撃 「凄まじい逆方向へのパワー」

大谷翔平、看板直撃の特大14号に米記者衝撃 「凄まじい逆方向へのパワー」

エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、前半戦最終戦の敵地アストロズ戦に5試合連続スタメン出場。第2打席で看板直撃の飛距離397フィート(約121メートル)の14号2ランを放った。驚愕の一発に米メディアも「凄まじい逆方向へのパワー」と絶賛している。

14号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
14号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷は第2打席で左中間席の真上にある看板に直撃する14号2ラン

■アストロズ – エンゼルス(日本時間8日・ヒューストン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、前半戦最終戦の敵地アストロズ戦に5試合連続スタメン出場。第2打席で看板直撃の飛距離397フィート(約121メートル)の14号2ランを放った。驚愕の一発に米メディアも「凄まじい逆方向へのパワー」と絶賛している。

 球場がどよめく一発だった。3回1死三塁、ウルキディの初球91マイル(約146キロ)直球を完璧にとらえると、打球は左中間席の上にある看板に直撃。打球速度は106マイル(約170.7キロ)、飛距離は397フィート(約121メートル)の14号2ランとなった。

 看板直撃の特大2ランに米メディアもすぐさま反応。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニが左中間にあるチャンピオン・エナジー・サービスの看板に本塁打をかっ飛ばした」と速報。さらに「フルスイングのようには見えなかった。凄まじい逆方向へのパワーを持っている」と称賛していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」