野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「ふざけるな」モリーナがルクロイへの“タックル”に激怒 アストロズ選手は反論

「ふざけるな」モリーナがルクロイへの“タックル”に激怒 アストロズ選手は反論

大谷翔平投手が所属するエンゼルスは7日(日本時間8日)、敵地ヒューストンでアストロズ戦を戦った。前半戦最終戦となったこの試合では、ジョナサン・ルクロイ捕手が本塁クロスプレーで相手走者に強烈な“タックル”を食らい負傷交代となるアクシデントが起きた。一時は起き上がることもできないほど意識朦朧の状態となって退いた。

アストロズ・マリスニックとエンゼルス・ルクロイが本塁上で衝突【写真:Getty Images】
アストロズ・マリスニックとエンゼルス・ルクロイが本塁上で衝突【写真:Getty Images】

モリーナがインスタグラムで怒りをあらわにすると、コメント欄でコレアやバーランダーが反論

■アストロズ 11-10 エンゼルス(日本時間8日・ヒューストン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 大谷翔平投手が所属するエンゼルスは7日(日本時間8日)、敵地ヒューストンでアストロズ戦を戦った。前半戦最終戦となったこの試合では、ジョナサン・ルクロイ捕手が本塁クロスプレーで相手走者に強烈な“タックル”を食らい負傷交代となるアクシデントが起きた。一時は起き上がることもできないほど意識朦朧の状態となって退いた。

 問題の場面は8回のアストロズの攻撃中だった。エンゼルスは同点に追い付かれ、なおも1死満塁ピンチ。ここでスプリンガーの打球は右翼への飛球に。捕球した右翼手カルフーンは本塁へと送り、際どいタイミングのクロスプレーになった。やや三塁側に逸れた送球を捕球したルクロイと、三塁走者マリスニックが激突。マリスニックの右肩付近が頭部に直撃したルクロイはその場で倒れた。

 この交錯プレーには、米メディアやファンだけでなく、現役メジャーリーガーたちも次々に反応を示した。カージナルスのヤディアー・モリーナ捕手は自身のインスタグラムでこのプレーに対して、放送禁止用語も乱発して「ふざけるな!!! MLBはこのふざけたプレーに対して動くべきだ! クソ! ルクロイのために祈る!」とし、走者のマリスニックを猛烈に批判した。

 これに対して、次々に選手たちが反応し、モリーナのインスタグラムは選手たちのコメントも殺到。アストロズでマリスニックとチームメートであるカルロス・コレア内野手は「尊敬するヤディー。ジェイクはわざとやったんじゃないんだ。あなたはこれらがすごく一瞬の判断で決められているって分かっていますよね。ジェイクが内側に入ろうと思ったと同時にルクロイも同じ方向に動いた。そして彼らがぶつかると分かったとき、彼は方向を変えようとしたけれど、遅すぎた。わざと傷つけようとしたのではなく得点しようとした選手に何か罰則を与えることは私はフェアじゃないと思います」と、怒るモリーナをなだめていた。

 また、同じアストロズのジャスティン・バーランダー投手は、このモリーナの投稿に対して「#fakenews(フェイクニュース)」とコメント。アレックス・ブレグマン内野手も「ジェイクは彼を吹っ飛ばそうとか、傷つけようとしていない。あれは不運なプレーだった。僕たちも見たくないものだ。ジェイクは卑劣な選手じゃない。みんな意見を持っていることは理解している。でも、彼はヘッドスライディングしてタッチを避けようとしただけだ」とマリスニックを擁護した。

 また、ホセ・アルトゥーベ内野手は「ああいう結果は僕たちの求めているものではないことはわかっています。でも、わざとではなかった。ジェイクは最高のチームメートです」とし、元DeNAのユリエスキ・グリエル「わざとじゃない」とチームメートをかばった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」