野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷&トラウト、今季7度目“トラウタニ”弾にファン同情?!「酷いチームの素晴らしい選手たち」

大谷&トラウト、今季7度目“トラウタニ”弾にファン同情?!「酷いチームの素晴らしい選手たち」

エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、前半戦最終戦の敵地アストロズ戦に5試合連続スタメン出場。第2打席で看板直撃の飛距離397フィート(約121メートル)の14号2ランを放った。逆方向に飛び込んだ驚愕の一発にファンも驚きの声を上げている。

14号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
14号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

第2打席で左中間へ看板直撃の14号2ラン、今季7度目通算11度目の“トラウタニ弾”も

■アストロズ 11-10 エンゼルス(日本時間8日・ヒューストン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、前半戦最終戦の敵地アストロズ戦に5試合連続スタメン出場。第2打席で看板直撃の飛距離397フィート(約121メートル)の14号2ランを放った。逆方向に飛び込んだ驚愕の一発にファンも驚きの声を上げている。

 驚愕の看板直撃弾だ。大谷は3回1死三塁で迎えた第2打席。ウルキディが投じた初球91マイル(約146キロ)の直球を完璧にとらえると、打球は左中間席の上にある看板に“衝突”。前半戦を締めくくる14号2ランは飛距離397フィート(約121メートル)の一発だった。

 MLB公式ツイッターは「Sho off that power(パワーを見せつける)」と大谷が放った逆方向への看板直撃弾を動画で公開。球場がどよめいた驚愕の一発にファンも賛辞を送っている。

「この男にダービーに出場してもらいたかった」

「ホームランダービーでも見せつけていただろう!」

「オールスター」

「彼を殿堂入りに」

「ビッグフライ、オオタニサン!」

「トラウトとオオタニを気の毒に思う。彼らは酷いチームの素晴らしい選手たちだ」

 この日はトラウトも27号、28号と2本塁打を放ち今季7度目、通算11度目の“トラウタニ弾”。エンゼルスが誇る2大スターの競演にファンも歓喜の声を上げていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」