野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武山川、13試合ぶりの28号ソロ 27打席連続ノーヒット脱し「ホームランというのは不思議」

西武の山川穂高内野手が8日、東京ドームでのソフトバンク戦で13試合ぶりとなる28号ソロを放った。

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

6回にミランダから左中間スタンドへ運び、反撃の狼煙をあげる

■ソフトバンク 8-7 西武(8日・東京ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の山川穂高内野手が8日、東京ドームでのソフトバンク戦で13試合ぶりとなる28号ソロを放った。

 27打席ノーヒットと絶不調だった山川のバットから、久々の快音が響いた。5点ビハインドの6回、先頭で打席に入るとソフトバンク先発ミランダが投じた外角のチェンジアップを捉えて左中間スタンドに一直線に叩き込んだ。6月20日の中日戦で放った27号以来、実に13試合ぶりの一発に「ホームランというのは不思議。その後の打席でもどっしり立てる」と気持ちも上向きに。続く7回にもレフトへタイムリーを放ち、復調の気配を覗かせた。

「原点に帰ろうと思った」と、試合前の練習から試合の中でもしっかりとしたスイングを心がけたという山川だったが、チームは延長12回に手痛いサヨナラ負け。「チャンスもあったので、打ちたかった。(ボールの)見え方も久しぶりによかったが、負けてしまったので」と主砲の表情は曇っていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」