野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ゲレーロJr.が史上最多29発 ピーダーソン、アクーニャJr、アロンソと共に準決勝へ…球宴本塁打競争

ゲレーロJr.が史上最多29発 ピーダーソン、アクーニャJr、アロンソと共に準決勝へ…球宴本塁打競争

第90回MLBオールスターのホームランダービーが8日(日本時間9日)、インディアンスの本拠地クリーブランドのプログレッシブ・フィールドで行われた。球数は無制限で4分間の間にどれだけ多くホームランを放つかを競う。エンゼルスの大谷翔平投手の出場が期待されたが、選出されなかった。

MLB球宴のHRダービーに出場しているブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:AP】
MLB球宴のHRダービーに出場しているブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:AP】

ゲレーロJr.は史上最年少でのホームランダービー出場

 第90回MLBオールスターのホームランダービーが8日(日本時間9日)、インディアンスの本拠地クリーブランドのプログレッシブ・フィールドで行われた。球数は無制限で4分間の間にどれだけ多くホームランを放つかを競う。エンゼルスの大谷翔平投手の出場が期待されたが、選出されなかった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 8人が出場した第1ラウンドはドジャースのピーダーソン、ブルージェイズのゲレーロJr.、ブレーブスのアクーニャJr.、メッツのアロンソがそれぞれ勝利し、準決勝に進出した。

 まず、ドジャースのピーダーソンが21本塁打を放ち、16本塁打だったアストロズのブレグマンを下して準決勝に進出。続いて第2試合で登場したブルージェイズのゲレーロJr.が衝撃的だった。史上最年少でダービー出場となった20歳は次々にスタンドにボールを打ち込み、中には476フィート(約145.1メートル)の特大弾も。2008年にジョシュ・ハミルトンが放った28発を超える史上最多の29発を放ち、アスレチックスのチャップマンを下した。

 さらに昨季、大谷とともにナ・リーグ新人王に輝いたブレーブスのアクーニャJr.が24本塁打を放って、パイレーツのベルに勝利。第4試合ではメッツの新人アロンソが、地元の大声援を受けたインディアンスのサンタナを下した。この結果、準決勝ではピーダーソンとゲレーロJr.、アクーニャJr.とアロンソが対戦する。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」