野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、飛球の2本に1本が本塁打? 米記者が驚愕データ紹介「とんでもない率」

大谷翔平、飛球の2本に1本が本塁打? 米記者が驚愕データ紹介「とんでもない率」

エンゼルスの大谷翔平投手は打率.303、14本塁打38打点、OPS(出塁率+長打率).924という好成績で前半戦を終えた。5月7日(日本時間8日)の敵地タイガース戦で右肘のトミー・ジョン手術から戦列に復帰すると、6月に入って打撃の調子は右肩上がりとなり、好調のままに折り返しを迎えた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

飛球が本塁打になった率を示すHR/FBは44.8%

 エンゼルスの大谷翔平投手は打率.303、14本塁打38打点、OPS(出塁率+長打率).924という好成績で前半戦を終えた。5月7日(日本時間8日)の敵地タイガース戦で右肘のトミー・ジョン手術から戦列に復帰すると、6月に入って打撃の調子は右肩上がりとなり、好調のままに折り返しを迎えた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 5月はやや低調だったものの、6月に入って好調に転じた大谷。6月は94打数32安打9本塁打22打点、打率.340の好成績を残し、本塁打、打点、安打などほとんどの打撃部門で月間最多の成績を残した。7月に入っても好調を維持し、6月末から7試合連続安打、打率.333で2本塁打としていた。

 前半戦最終戦となった7日(同8日)のアストロズ戦では左中間スタンド上部にある看板に直撃する14号2ランを放ち、前半戦を締めくくった。ア・リーグ新人王に輝いた昨季を上回るペースで本塁打を量産している大谷だが、米スポーツメディア「ジ・アスレチックス」のファビアン・アルダヤ記者は、大谷の打球傾向から驚きのデータを紹介している。

 アルダヤ記者は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは今日も入れて平均の打球角度3.2度(最少100打席)で下から10人の中にいる」として、100打席以上立っている打者の中で、打球角度が下から10位以内にいることを紹介した。

 さらに同氏は「しかし、彼はHR/FBが44.8%というとんでもない率だ。平均打球速度はMLBで4番目に早い93.7マイル(約150.7キロ)」と紹介。打球が飛球となった時に、その飛球の44.8%が本塁打になっているという、驚愕のデータをレポートし、打球の平均速度はMLB全体で4位の速さを誇ると伝えた。

 打棒を大爆発させて前半戦を終えることとなった大谷。オールスターブレイクを挟んで迎える後半戦での、さらなる活躍を期待したい。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」