野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス和田、前半戦ラスト登板を白星締めへ 「勝って終われるように全力」

10日の西武戦がオールスターゲーム前のシーズン前半最終戦となるソフトバンク。その試合を託されたのは、ベテラン左腕の和田毅投手。2勝目を挙げた3日の楽天戦から中6日での登板となる。

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

西武打線は「ここぞの集中力がある凄い打線」

■ソフトバンク – 西武(10日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 10日の西武戦がオールスターゲーム前のシーズン前半最終戦となるソフトバンク。その試合を託されたのは、ベテラン左腕の和田毅投手。2勝目を挙げた3日の楽天戦から中6日での登板となる。

 和田にとっては6月12日の阪神戦に次ぐ2度目の中6日登板だが「うまく調整できました」と手応えを口にする。

 6月23日の巨人戦、7月3日の楽天戦と2連勝中の和田は「前回、前々回のようなピッチングをしたいという気持ちはあります。(調子に)波はありますが1人1人全力で抑えるという気持ちに変わりはありません」と気を引き締めた。

 対する西武打線については「やっぱりここぞの集中力や畳みかけてくる雰囲気がある凄い打線だと思います」と警戒。シーズン前半最終戦での登板には「絶対に勝って終わった方がいいですが、そう考えるのは相手も同じ。ホークスが勝って終われるように全力でいきます」と力強く語った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」