野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • “神の子”田中将大、やっぱり持ってる? ヤ軍投手71年ぶり快挙に「奇妙だが本当の話」

“神の子”田中将大、やっぱり持ってる? ヤ軍投手71年ぶり快挙に「奇妙だが本当の話」

9日(日本時間10日)にインディアンスの本拠地クリーブランドのプログレッシブ・フィールドで行われた第90回MLBオールスターゲーム。年に1度の祭典で、記念すべき勝利投手となったのが、ヤンキースの田中将大投手だった。

MLBオールスターでア・リーグ二番手として登板し勝利投手となったヤンキース・田中将大【写真:AP】
MLBオールスターでア・リーグ二番手として登板し勝利投手となったヤンキース・田中将大【写真:AP】

ヤンキース投手で球宴勝利投手となったのは1948年のビック・ラスキ以来

■ア・リーグ 4-3 ナ・リーグ(日本時間10日・クリーブランド)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 田中将大を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 9日(日本時間10日)にインディアンスの本拠地クリーブランドのプログレッシブ・フィールドで行われた第90回MLBオールスターゲーム。年に1度の祭典で、記念すべき勝利投手となったのが、ヤンキースの田中将大投手だった。

 アストロズのジャスティン・バーランダー投手の後を受けて2番手として2回に登板した田中。2死から二ゴロに打ち取った打球が、チャレンジの末に判定が覆って内野安打となったものの、後続を断って無失点。オールスター初登板は、1回を投げ、1安打無失点1奪三振という内容だった。

 田中が無失点に封じた直後、2回裏の攻撃でア・リーグが先制。アストロズのブラントリーが適時打を放って1点を奪うと、5回にはツインズのポランコが適時打、7回にはレンジャーズのギャロがソロ本塁打を放つなどリードを広げた。2回の先制点が決勝点となり、田中がオールスター初登板で日本人初のオールスターの勝利投手となった。

 日本人として初のオールスター勝利投手となった田中だが、もう1つ、意外な記録が誕生していたという。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のシニアライターであるジェイソン・スターク氏がレポートしている。

 同氏は自身のツイッターで「実に奇妙だが、あくまで本当なオールスターゲームの事実」として、その記録を紹介。「マサヒロ・タナカが今夜ついにその記録を破ったわけだが、それ以前は71年間、ヤンキースの投手がオールスターゲームで勝利投手になったことはなかった。彼の前に勝利投手となったのは、1948年のビック・ラスキだ!」。ラスキは1946年からヤンキースで活躍し、通算132勝をマークした右腕。ヤンキースとしては、それ以来の勝利投手と、ピンストライプの名門としては、なんとも不思議な記録となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」