野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武辻監督、鷹の強さ「認めざるを得ない」 前半戦総括、後半戦の巻き返しを誓う

西武の辻発彦監督が10日、ヤフオクドームで前半戦のチームの戦いを総括した。

西武・辻監督【写真:荒川祐史】
西武・辻監督【写真:荒川祐史】

「さらに一丸となって上を目指して頑張っていきたい」

 西武の辻発彦監督が10日、ヤフオクドームで前半戦のチームの戦いを総括した。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武はここまで82試合を消化し、41勝40敗1分け。今シーズンはローテーションの柱として期待された昨季最多勝の多和田が不振で2軍調整を強いられるなど、苦しい投手事情に悩まされた。しかし、3年目の今井をはじめ若手投手陣が奮起。辻監督は「戦力がなかなかそろわないが、若い選手が試合に投げて少しずつ自信をつけてくれたり、試合を作ってくれている。頑張って耐えた」とチームを支えた若き投手陣の踏ん張りを称えた。

 打線では、昨年打点王の浅村がFAで楽天に移籍し打線の組み換えを強いられた。3番を任されていた浅村に代わり、秋山を3番に据えるオーダーでシーズンに臨んだが、これがはまらず。5月中旬ごろから秋山を1番に戻し、3番に外崎、開幕を1番で迎えた金子侑を下位打線に置くオーダーで落ち着いている。指揮官は「全ての選手が安定した力を出せる選手にならないといけないという気持ちもあるが、彼たちもまだ若く、発展途上。本当のレギュラーを獲るために、まだまだやるべきことは多い」と発破をかけた。

 ソフトバンクとのゲーム差は現在7.5と広がっており、「やっぱり強い。認めざるを得ない」と唇を噛んだ辻監督。ソフトバンクも主砲の柳田や中村晃、抑えのサファテ、森などを欠いているが、「(ソフトバンクの)層の厚さを感じているが、それは言い訳にならない。グラウンドに立って守っているのは9人。その中でカバーしていかないといけない」と現有戦力の成長に期待を寄せた。

 前半戦は『我慢』とその戦い方を表現してきたが、「後半は我慢ではない。試合では我慢することはいっぱいあるが、後半は期待するしかない」。毎年、夏場に調子を上げてくる選手も多く、「『夏は強いんだぞ』と信じている。これからの暑い季節は気持ちが一番大事になってくると思うので、さらに一丸となって上を目指して頑張っていきたい」と、逆転優勝に向けて言葉に力を込めた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」