野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武ドラ4粟津、“潮崎シンカー”に磨きかけ再び1軍へ 「声援、期待に応えたい」

昨シーズンは惜しくも日本シリーズ進出を逃した西武ライオンズ。今シーズンは主力選手のFA移籍もあり、戦力ダウンが予想されたが、昨年に引けを取らない強力打線で混戦のパ・リーグの中で上位を狙える位置につけている。

西武・粟津凱士【写真:篠崎有理枝】
西武・粟津凱士【写真:篠崎有理枝】

西武のドラフト4位ルーキー粟津、高校卒業後は一度は野球を諦めるも…

 昨シーズンは惜しくも日本シリーズ進出を逃した西武ライオンズ。今シーズンは主力選手のFA移籍もあり、戦力ダウンが予想されたが、昨年に引けを取らない強力打線で混戦のパ・リーグの中で上位を狙える位置につけている。

 そんなチームに今年、新たに戦力として加わったルーキー達を紹介していく第2回目は、ドラフト4位で入団した粟津凱士投手だ。

 山形県出身の22歳。山形・山本学園高では2年から投手を務め、その年の秋季大会で学校初となる優勝を果たす。しかし、この大会の後に肘の靭帯を痛め、その後は登板の機会がなかった。

「ピッチャーになったばかりで、投げるのが楽しくて、優勝したいから痛かったのに投げていました。ピッチャーのことがよくわかっていなかった。結局、肘の靭帯を痛めてしまい、優勝した後は卒業まで投げられませんでした」

 肘の状態も悪く、大学で野球を続けることは難しいと思い、卒業後は地元で就職するつもりだった。しかし、野球部のチームメートが南東北大学野球連盟に所属する福島・東日本国際大の推薦を辞退したため、代わりに進学することになった。

「チームメートは僕より主戦で投げていたんですけど『野球はもうやらない』と言って推薦を辞退しました。僕は高校の時にほとんど投げられなかったけど、肘もだいぶ治っていたので、頑張ってみようと思いました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」