野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米独立リーグで“ロボット審判”デビュー! 人間審判は好感触「仕事がしやすい」

米独立リーグで“ロボット審判”デビュー! 人間審判は好感触「仕事がしやすい」

独立リーグのアトランティック・リーグで「ロボット審判」の導入が開始された。10日(日本時間11日)に行われた同リーグのオールスター戦で審判がiPhoneに接続されたイヤホンをつけ「トラックマン・コンピューターシステム」からの判定を伝え聞きコールを行ったという。AP通信が伝えている。

独立リーグのアトランティック・リーグで「ロボット審判」の導入が開始【写真:Getty Images】
独立リーグのアトランティック・リーグで「ロボット審判」の導入が開始【写真:Getty Images】

アトランティック・リーグの球宴でロボット審判がデビュー

 独立リーグのアトランティック・リーグで「ロボット審判」の導入が開始された。10日(日本時間11日)に行われた同リーグのオールスター戦で審判がiPhoneに接続されたイヤホンをつけ「トラックマン・コンピューターシステム」からの判定を伝え聞きコールを行ったという。AP通信が伝えている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今年2月に業務提携を結んだMLBと米独立リーグ「アトランティック・リーグ」。1度は延期となっていた「ロボット審判」がついに導入された。

 オールスター戦で主審を務めたのはブライアン・デビュルーアー氏。試合中は通常通りに捕手の後ろに立ちトラックマンが伝えてくる判定を聞き、ボール、ストライクのコールを行った。ただ、審判はロボット審判の判定を覆すことができるという。

 記事では「コンピューターは、ボールがバウンドしてゾーンの中に入ったらストライクと判定する。チェックスイング(ハーフスイング)の判定はできない」と説明。ある程度の範囲は主審がコールの決定権を持つことになる。試合後、デビュルーアー氏は「少し助けてもらっているだけで、通常の任務と変わらない。助けを受けることで、いつもより仕事がしやすい」と好感触を得たようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」