野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ快投に地元メディアは続々称賛「136億円の期待通りの男に見えた」

ダルビッシュ快投に地元メディアは続々称賛「136億円の期待通りの男に見えた」

カブスのダルビッシュ有投手は12日(日本時間13日)、後半戦初戦となる本拠地パイレーツ戦に先発し、6回2安打無失点8奪三振1四球と快投した。打線の援護がなく、13試合連続白星無しとなったものの、チームは4-3で勝利。チームの白星に大きく貢献した右腕の圧巻の投球を地元メディアも「期待していた通りの男」「輝いた」などと絶賛している。

「カブスは彼の投球に満足するだろう」「マウンドで輝いた」

 地元紙「デイリー・ヘラルド」は「ダルビッシュに勝敗はつかなかったが、カブスにとって大きな勝利」と伝え、「ユウ・ダルビッシュはまだリグレー・フィールドで勝利していないが、カブスは金曜日の彼の投球に満足するだろう。ダルビッシュは6回2被安打、1与四球、8奪三振とし、勝敗つかずだった」と言及。本拠地で勝てなくても、この投球なら文句はないだろうとの見方だ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 また、地元テレビ局「NBCシカゴ」(電子版)は「ジェイソン・ヘイワードとクリス・ブライアントが活躍し、カブスが金曜日の試合で勝利」とのタイトルで伝えた速報の中で「ユウ・ダルビッシュは6回2安打8奪三振とし、マウンドで輝いたが、勝敗つかずとなった」と日本人右腕について言及している。

 この日は94球を投げてストライクは62球と制球も安定。防御率は試合前の5.01から4.72へと向上した。この状態を維持すれば、後半戦はもっと多くの称賛を引き出すことになりそうだ。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」