野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、“パパ初勝利”5勝目お預け 大谷封じるも、4回0/3で2安打3失点

菊池雄星、“パパ初勝利”5勝目お預け 大谷封じるも、4回0/3で2安打3失点

マリナーズの菊池雄星投手が14日(日本時間15日)、敵地エンゼルス戦で先発したが、5勝目を逃した。4回まで1失点と好投していたが、5回にピンチを招いたところで降板。大谷翔平投手とのメジャー2度目の“花巻東対決”は1三振1四球だった。

敵地でのエンゼルス戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
敵地でのエンゼルス戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

大谷との対戦は第1打席が四球、第2打席が空振り三振

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間15日・アナハイム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズの菊池雄星投手が14日(日本時間15日)、敵地エンゼルス戦で先発したが、5勝目を逃した。4回まで1失点と好投していたが、5回にピンチを招いたところで降板。大谷翔平投手とのメジャー2度目の“花巻東対決”は1三振1四球だった。

 初回、フレッチャー、トラウトを相次いで打ち取り2死とした菊池。この日最初の大谷との対決はフルカウントからの7球目が外れて四球を与えた。続くアップトンにも四球を許して一、二塁とされたが、プホルスを遊ゴロに仕留めて無失点の立ち上がりとなった。2回に先頭のカルフーンにソロ本塁打を浴びたものの、3回に大谷を外角のスライダーで空振り三振に仕留めるなど、3回、4回と2イニング連続で3者凡退に封じた。

 だが、5回、先頭のガーノーに四球を与えると、続くサイスには右前安打を許した。無死一、二塁とされたところで交代を告げられ、菊池は降板。2番手としてマウンドに上がった元ヤクルトのカラシティーが押し出しの四球と大谷の犠飛で同点に追いつかれた。これにより菊池は4回0/3を投げ、2安打3失点。防御率は5.01となった。

 今季3度目のエンゼルス戦先発となった菊池。6月8日(同9日)には花巻東高の後輩である大谷とのメジャー初対決が実現。この時は、大谷が第1打席に二塁内野安打を放ち、第3打席では左中間へ6号ソロ。ラステラ、トラウトに続く衝撃の3者連続本塁打を放ち、菊池は4回途中7失点でノックアウトされていた。8日(同9日)に第1子が誕生し、パパになってからの初登板だった菊池だが、“パパ初勝利”は残念ながらお預けとなった。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」