野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス工藤監督、初回4失点の大竹に「腕を振るというのが足りなかった」

ソフトバンクは15日、日本ハムに敗れ、後半戦黒星発進となった。先発の大竹耕太郎投手が初回に4点を失うなど5失点。打線は日本ハムの細かな継投の前に沈黙を続けた。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

4安打1得点の打線に「難しいけど追いかけないとね」

■日本ハム 5-1 ソフトバンク(15日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは15日、日本ハムに敗れ、後半戦黒星発進となった。先発の大竹耕太郎投手が初回に4点を失うなど5失点。打線は日本ハムの細かな継投の前に沈黙を続けた。

 先発の大竹が初回にいきなりの4失点。その後は粘りを見せていたが、5回に2死走者なしから四球をきっかけに5点目を失って、4回2/3で降板した。試合後の工藤公康監督は、大竹の投球について次のように語った。

 「そうですね……。今日はちょっと腕をしっかりと振るというのが足りなかったところはありましたけど……。(初回の微妙なボール判定に)投手は1球で変わってしまうところがあるのでね、今日はそういうのが出た試合かなと思います。ただ、今日はホームランは打たれていないし、そこは(修正が)できたかなと思います。またしっかり修正してほしいですね」

 一方の打線は5回に無死満塁の好機を作りながら、併殺崩れで1点を返すのが精一杯。デスパイネとグラシアルはともに二塁打を含む2安打ずつと奮闘したが、ソフトバンクの安打はその4本のみ。いきなりの4点のビハインドという重圧に加え、日本ハムの小刻みな継投策にしてやられた。

 工藤監督は「難しいけど、追いかけないとね。相手も目先を変えるために左から右、また左としていると思いますが、こちら側が対応していかないといけない」と元気がなかった打線に苦言を呈した。また、2試合連続で2回無失点の好投を見せた田浦文丸については「臆することなく向かって行って結果を残した。これを続けてほしいですね」と評価した。

 チームは球宴休みを挟んでの2連敗。まだ2位とは6ゲーム差あるとはいえ、この日はリーグ戦再開直後の勢いが投打ともに影を潜めた。「また切り替えて明日頑張りましょう」という指揮官の声も少しだけ元気がなかった。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」