野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【あの夏の記憶】中日“バンビ2世”藤嶋が語る甲子園の魔物とは?「僕らに天使が舞い降りた」

甲子園には、時に「魔物」が現れるという。3年前の夏もそうだった。八戸学院光星との2回戦に挑んだ東邦は、最大7点差をつけられながらも終盤に追い上げ、9回に4点を奪って10-9の逆転サヨナラを演じた。球場全体を巻き込んだ最終回の異様な光景は、後に物議を醸す結果に。グラウンドで戦った選手たちが見た魔物とは。当時東邦のエースで4番を務め、主将だった中日の藤嶋健人投手があの日を語った。

中日・藤嶋健人【写真:荒川祐史】
中日・藤嶋健人【写真:荒川祐史】

藤嶋擁する東邦が16年8月14日の夏の甲子園2回戦・八戸学院光星戦で9回に4点を奪って逆転サヨナラ勝ち

 甲子園には、時に「魔物」が現れるという。3年前の夏もそうだった。八戸学院光星との2回戦に挑んだ東邦は、最大7点差をつけられながらも終盤に追い上げ、9回に4点を奪って10-9の逆転サヨナラを演じた。球場全体を巻き込んだ最終回の異様な光景は、後に物議を醸す結果に。グラウンドで戦った選手たちが見た魔物とは。当時東邦のエースで4番を務め、主将だった中日の藤嶋健人投手があの日を語った。

 諦めるのを通り越して、完全に開き直っていた。7回表の時点で7点ビハインド。2イニングで4点差に迫っても、結果論で語られるほど逆転の機運に満ち溢れてはいなかった。愛知大会で右肘を痛めて万全には遠かった藤嶋は先発したものの、3回途中4失点で降板。残すは9回のみ。主将に就任して以来、心がけてきたことをナインに発した。

「この回が終われば、高校野球は終わり。どんな形でも、楽しく最後までやろう」

 そのゲキが合図になったかのようなタイミングで、一塁側アルプススタンドから勝負の曲が流れてきた。「戦闘開始」。応援団と吹奏楽が繰り出すテンポいい声と曲に、次第にバックネット席や外野スタンドが呼応していく。「聞いたことのない手拍子だった」。その流れに乗るように2本の単打で1点を返す。だが、まだまだ光は見えていなかった。続く4番・藤嶋は中飛で2死。「やばいな、いよいよ終わりだな」。ベンチに戻りながら、敗戦を覚悟していた。

 藤嶋が奇跡の一片を見出したのは、その直後だった。「とにかくバット振り回すヤツ」だった5番・小西慶治三塁手が、柄にもなく逆方向に技ありの右前打。途中出場の6番・中西巧樹一塁手は左前適時打で、さらに1点を返した。幼馴染で1番の親友の「ギャン詰まりのレフト前」に涙腺は崩壊しかけ、ベンチの空気も一変した。藤嶋にとって「ありえない連打」で、いま何点差なのかすら気づかないほど試合にのめり込んだ。結果的に5番からの4連打で、あまりにも劇的なサヨナラが完成した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」