野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天、まさかの“珍結末”で3位浮上 捕逸が一転、驚きの跳ね返り…

24日、楽天生命パークで行われた楽天対西武戦は、珍しい形でゲームセットの瞬間を迎えた。

楽天・嶋基宏【写真:荒川祐史】
楽天・嶋基宏【写真:荒川祐史】

源田を空振りに切ったボールを嶋が後逸するも…

■楽天 4-3 西武(24日・楽天生命パーク)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 24日、楽天生命パークで行われた楽天対西武戦は、珍しい形でゲームセットの瞬間を迎えた。

 この試合、4回に西武に2点を先制された楽天だったが、その直後に浅村が18号2ランを放ち同点に。6回には則本昂が中村に16号ソロを浴びて勝ち越しを許したが、その裏にすぐさま銀次が逆転の3号2ランを放って、1点のリードを奪った。

 このまま楽天リードで、9回に突入。楽天は守護神の松井がマウンドに上がった。先頭の金子侑に中前安打を浴び、いきなり走者を背負った松井。代打メヒア、続く秋山を打ち取って2死二塁となり、打席には源田を迎えた。

 得点圏に走者が進み、一打出れば、同点のピンチ。1ボール2ストライクと追い込み、4球目に投じたのは外角高めへの149キロの真っ直ぐだった。源田のバットは空を切ったが、このボールを嶋が捕球できずに後逸。振り逃げになるかと思われた。

 次の瞬間、バックネットにぶつかったボールは大きく跳ね返って、嶋のもとへと舞い戻ってきた。捕球した嶋はすぐさま一塁へ。間一髪のところで間に合ってアウトとなりゲームセットの瞬間を迎えた。まさかの幕切れに楽天ナインも思わず苦笑いを浮かべるほど。珍しい結末で楽天は3位に浮上した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」