野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・大竹、5戦連続4失点以上も…工藤監督はローテ外さず「1週間しっかり調整を」

25日、ソフトバンクは2回に1点を先制しながらロッテに大敗。「鷹の祭典」の力を借りてもロッテ相手の同一カード3連勝はならなかった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

ロッテに3連勝はならず「また次に当たる時にはいい戦いを」

■ロッテ 7-4 ソフトバンク(25日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 25日、ソフトバンクは2回に1点を先制しながらロッテに大敗。「鷹の祭典」の力を借りてもロッテ相手の同一カード3連勝はならなかった。

 ソフトバンクは2回に長谷川勇也の今季2号ソロで先制するも、先発の大竹耕太郎が4回にソロ3被弾で逆転を許した。直後に長谷川の犠飛で1点差とするが、6回にも5本目となる被弾などで3失点。7回にも加治屋蓮が1点を失って試合を決められた。打線はロッテ投手陣の前にわずか4安打に抑えられた。

 工藤公康監督は大竹について「立ち上がりはいい形で入れたと思ったんですけどね。真っ直ぐの走りも良かったですが、狙われたというのはありましたね。まあ、映像を見直して何かアドバイスができればと思います」と分析。5試合連続で4失点以上を喫しているが「切り替えてまた1週間しっかり調整して」とローテから外す考えがないことを明言した。

 敗れはしたものの2試合ぶりにスタメン出場した長谷川が先制弾、犠飛の2打点。勝負強さを見せたベテランに「いい働きでしたね。常にコンディションをいい状態にしてもらえれば」と語った。また、途中出場ながら3試合連続打点をマークした栗原陵矢には「いいバッティングでしたね。途中からマスクも被っていいリードもしてくれました」と称えた。

 このカードはロッテに勝ち越したものの、同一カード3連勝はならず。「ここまでは分が悪くなっているので、(悪い部分を)しっかりと見直して、また次に当たる時にはいい戦いができるようにしたいですね」と、2週間後の敵地での戦いを見据えた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」