野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

糸井嘉男の夏は熱い、昨季は8月の打率.387 22年に40歳で2000安打到達も!?

あと5日で38歳になる阪神の糸井嘉男が元気だ。6月は月間打率.354、7月も.333だ。

最高齢の3割打者は1996年の巨人・落合博満の43歳

 糸井は3球団すべてで打率3割をマーク。この間、首位打者1回(2014年)、最高出塁率3回(2011、12、14年)、盗塁王1回(2016年)、ベストナイン5回、ゴールデングラブ7回(外野手)を獲得。2016年の盗塁王は35歳、史上最高齢でのタイトル獲得だった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 今季も糸井はチーム最高打率、最多安打。主に3番で出場し、安定した成績を残している。巨人戦では打率.327と活躍。チーム打点(320打点)最下位と貧打にあえぐ阪神打線にあって、一人気を吐いている。

 通算安打は1609本。少し前まで現実性がないと思われていたが、名球会入りまで391安打まで迫ってきた。糸井がこの好調を維持すれば、2022年早々にも大台に達する可能性が出てきた。このとき40歳だ。

 最高齢の3割打者(規定打席以上)は、1996年の巨人・落合博満の43歳(打率.301)。糸井はまだ5年あるが、これにも挑戦してほしい。

 2018年8月の糸井の月間打率は.387、2017年は.353、2016年は.326。真夏は糸井嘉男が大好きな季節なのだ。今季も大いに期待できるだろう。

(広尾晃 / Koh Hiroo)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」