大谷翔平、5戦連続出塁 3戦ぶりスタメンで四球→死球と2打席連続出塁

オリオールズ戦の第2打席で死球を受けたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
オリオールズ戦の第2打席で死球を受けたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「3番・DH」で3試合ぶりにスタメン出場、13試合ぶり15号弾なるか

■エンゼルス – オリオールズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地オリオールズ戦に「3番・DH」で3試合ぶりにスタメン出場。初回の第1打席は四球で5試合連続出塁とすると、第2打席は死球。2打席連続で出塁した。

 大谷は初回、1死二塁の好機で右腕ヤカボニスと対戦して四球。最後の1球が暴投となり、トラウトが三塁に進んだ。続くアップトンが犠飛を放ち、エンゼルスが先制に成功。第2打席は1点リードのまま迎えた3回、1死一塁で右腕エシェルマンのスライダーが内角へ。大谷は声をあげながらかわしたものの、ボールはユニホームをかすめて死球となった。その後、満塁のチャンスを作ったものの、プホルスが空振り三振に倒れて追加点はならなかった。

 大谷は23、24日(同24、25日)とDH制のない敵地でのドジャース2連戦でいずれもベンチスタート。1戦目では2回に前田健太投手から先制打を放つと、2戦目も四球を選び、4試合連続出塁としていた。エンゼルスは4連勝で貯金は今季最大の「5」としている。

 大谷の今季通算成績は、この試合の前まで65試合出場、打率.300、14本塁打、41打点。前半戦最終戦の7日(同8日)アストロズ戦以来13試合ぶり、18日ぶりの15号弾が飛び出すか、注目が集まる。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY