野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、甲子園出場の母校・花巻東を祝福 過密日程には「考えないといけない」

菊池雄星、甲子園出場の母校・花巻東を祝福 過密日程には「考えないといけない」

マリナーズの菊池雄星投手が前日24日(日本時間25日)に2年連続の甲子園出場を決めた母校、花巻東高の奮闘に目を細めた。「嬉しいです。僕らの時もそういう(機動力を使った)戦い方をしてました。花巻東らしい戦い方をしているなと思いました」。7月20日の初戦から決勝までの4試合全てをインターネットで観戦したそうで、前日はデーゲームだったため、大船渡との決戦は試合開始から終了までをシアトル郊外の自宅で見届けた。

外野で投球練習を行うマリナーズ・菊池雄星【写真:木崎英夫】
外野で投球練習を行うマリナーズ・菊池雄星【写真:木崎英夫】

大船渡・佐々木の起用法には「投げる投げないということが問題ではなく…」

 マリナーズの菊池雄星投手が前日24日(日本時間25日)に2年連続の甲子園出場を決めた母校、花巻東高の奮闘に目を細めた。「嬉しいです。僕らの時もそういう(機動力を使った)戦い方をしてました。花巻東らしい戦い方をしているなと思いました」。7月20日の初戦から決勝までの4試合全てをインターネットで観戦したそうで、前日はデーゲームだったため、大船渡との決戦は試合開始から終了までをシアトル郊外の自宅で見届けた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 菊池雄星を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 春夏合わせ3度の甲子園出場経験を持つ菊池は、後輩たちに向けてこんなメッセージを贈る。

「今思い出しても高校野球は最高だったなぁと、僕も思い出す時が多いです。最後まで諦めずに頑張ってほしい」

 岩手県大会2年連続の頂点を極めた母校に思いを寄せる一方で、最速160キロの快速球を披露しながらも、投球過多から母校との戦いのマウンドには上がらなかった注目の大船渡・佐々木朗希投手については、「断片的にしか見てない僕が偉そうなことというか、変なことは言えない」と前置きした上で、菊池は持論を展開した。

「毎年、投げ過ぎが話題として出るが、投げる投げないということが問題ではなく、そういう日程にさせてしまっているということをもう少し全体的に考えていかなきゃいけないなというふうに僕は思います。そこをクリアしていかなければいけない時期に来ていると思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」