野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武十亀、2回途中7失点の大炎上に猛省 「申し訳ない気持ちでいっぱいです」

西武の十亀剣投手が26日の日本ハム戦(メットライフ)に先発し、2回途中8安打7失点でKOされた。

初回に大田に先制打を浴び、2回には平沼、中田に一発を浴び計7失点

■西武 – 日本ハム(26日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の十亀剣投手が26日の日本ハム戦(メットライフ)に先発し、2回途中8安打7失点でKOされた。

 前回登板した16日のロッテ戦(メットライフ)では7回4安打無失点と好投し、通算50勝目をマークしていた十亀だが、この日は立ち上がりから大乱調。先頭・西川の左中間への二塁打で得点圏にランナーを背負うと、続く大田にも右二塁打を浴びあっさり先制を許した。

 2回には平沼のプロ1号ソロを献上するなど復調の気配が見えず、1死二塁から中田に22号2ランを浴びたところで辻監督はたまらず2番手・佐野にスイッチした。

 十亀は「今日は(仙台からの)移動試合でチームも疲れがある中、このような投球をしてしまって早い回で降板することになり、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と猛省していた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」