野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島が破竹の7連勝! 小園プロ1号含む4安打4打点&大瀬良7勝目 燕は連勝ストップ

広島は26日、敵地でのヤクルト戦に12-3で勝利し破竹の7連勝を飾った。ドラフト1位小園がプロ初ホームランとなる1号3ランを放つなど4安打4打点の大活躍、先発の大瀬良は6回2失点で7勝目を挙げた。

広島・小園海斗【写真:荒川祐史】
広島・小園海斗【写真:荒川祐史】

ドラフト1ルーキー・小園はプロ初ホームラン、初の猛打賞をマーク

■広島 12-3 ヤクルト(26日・神宮)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 広島は26日、敵地でのヤクルト戦に12-3で勝利し破竹の7連勝を飾った。ドラフト1位小園がプロ初ホームランとなる1号3ランを放つなど4安打4打点の大活躍、先発の大瀬良は6回2失点で7勝目を挙げた。

 広島は2回に三好の2号ソロで先制すると、3回には鈴木、松山のタイムリー、さらに小園が右翼席へプロ1号3ランを放ち一挙5点を奪った。8回には代打・高橋大、西川の連続適時打で2点を加えリードを広げた。

 先発の大瀬良は6回5安打5奪三振、2失点の好投で7勝目。チームは7連勝を飾り貯金を「1」とした。小園はプロ初ホームランを含む4安打4打点の活躍で初の猛打賞をマークした。

 ヤクルトは先発の高橋が3回7安打6失点(自責5)で4敗目。打線は6回にバレンティンの21号2ラン、7回には山田哲のタイムリー三塁打で反撃ムードを作ったがリリーフ陣が踏ん張り切れず連勝は2でストップ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」