野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督、今季ワースト6失点の千賀に注文 「次は失投にならないように」

ソフトバンクは26日、本拠地でのオリックス戦を2-6で敗れ2連敗。先発の千賀が3被弾6失点、打線も牧原大成の先頭打者本塁打による1点だけに終わった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

一発を放った上林に「ああいう感じで常に打ってくれたら」

■オリックス 6-2 ソフトバンク(26日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは26日、本拠地でのオリックス戦を2-6で敗れ2連敗。先発の千賀が3被弾6失点、打線も牧原大成の先頭打者本塁打による1点だけに終わった。

 ヤフオクドームでの「鷹の祭典」4試合目。対戦カードが変わっても嫌な流れは変えられなかった。先発の千賀が吉田正に2打席連続被弾を含む今季ワーストの6失点。

 試合後、工藤監督は今季ワーストの6失点となった千賀について「ボールの走りは悪くなかったと思いますが、コースが甘いというか、コントロールじゃないですかね。最初のホームランは勝負して打たれた感じですが、2発目は横から見ても高かったし、もったいなかったと思います。勝負に行った結果と受け止めて、次は失投にならないようにしていくことが大事」と語った。

 9回にはスタメンを外れていた上林がバックスクリーン横に豪快な一発。「ああやっていい形でホームランが出たのは良かったなと思います。ああいう感じで常に打ってくれたらいいなと思います」と期待を込めた。

 最後は「今日のゲームは終わったので、また切り替えて明日頑張りましょう」と、気合いを入れるように声を高めていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」