野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神延長11回の死闘制しカード勝ち越し! 大山V打&藤川2S目、巨人は痛恨の4連敗

阪神は27日、敵地・東京ドームでの巨人戦を延長11回、3-2で勝利しカード勝ち越しを決めた。延長11回に大山が中前に勝ち越しタイムリーを放った。

阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】
阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】

延長11回2死三塁から大山が中前適時打を放ち勝ち越し

■阪神 3-2 巨人(27日・東京ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 阪神は27日、敵地・東京ドームでの巨人戦を延長11回、3-2で勝利しカード勝ち越しを決めた。延長11回に大山が中前に勝ち越しタイムリーを放った。

 巨人は初回に丸の17号ソロで先取点を奪うと2回にも立岡の中前適時打で追加点を奪う。それでも阪神は5回に2死二塁から北條の中前タイムリー、7回にマルテの9号ソロで同点に追いつく。

 試合はそのまま決着がつかず延長戦へ。阪神は延長11回2死三塁の好機で大山が中前タイムリーを放ち試合を決めた。その裏を藤川が締めカード勝ち越しを決めた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」