野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム栗山監督、采配ズバリ 清宮の代打・谷口が決勝打「一番確率の高い選択肢」

日本ハムは31日、本拠地で楽天に逆転勝ちし、連敗は2でストップ。首位のソフトバンクが西武に敗れたため、ゲーム差を0.5に縮めた。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

首位のソフトバンクと0.5差も…「今はそういう差とか関係ない」

■日本ハム 4-3 楽天(31日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは31日、本拠地で楽天に逆転勝ちし、連敗は2でストップ。首位のソフトバンクが西武に敗れたため、ゲーム差を0.5に縮めた。

 1-1の同点で迎えた7回に石川直也投手が2点を失ったが、その裏に打線が楽天・則本昂の攻略に成功した。1死から渡辺が右翼線二塁打で出塁すると、石井の右中間フェンス直撃の適時二塁打、宇佐見の左前適時打と3連続長短打で同点に追い付き、楽天のエースを引きずり降ろした。

 さらに2死二塁で清宮の代打で登場した谷口がハーマンから左翼線に適時二塁打。1点を勝ち越すと、8回は宮西、9回は秋吉が無失点に抑えて逃げ切った。

 栗山英樹監督は谷口を代打に送り出した場面について「一番確率の高い選択肢の中で、谷口の状態がいいのも分かっていたので。打ってくれると思っていた」と振り返った。さらに、7回の集中打については「みんなで何とかしようという気持ちがベンチの中にあるのはすごくうれしいし、そういう力が、足し算みたいなものが結果につながって、前に進むと思う」と目を細めた。

 首位のソフトバンクと0.5差に接近したが、指揮官の頭にあるのはいつもと変わらず目の前の試合を勝ち切ることだけ。「今はそういう(ゲーム)差とか関係ないので、とにかく全員で力を合わせてやっていきます」と力を込めた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」