野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAサヨナラで首位と3.5差、広島も勝利、ヤクルト5連敗…31日のセ・リーグは?

セ・リーグは31日、各地で3試合が行われ、広島、DeNA、中日がそれぞれ勝利した。2位のDeNAは首位の巨人に3.5ゲーム差に迫った。

DeNA・宮崎敏郎【写真:荒川祐史】
DeNA・宮崎敏郎【写真:荒川祐史】

巨人は3連勝ならず、中日の山本はプロ初勝利

 セ・リーグは31日、各地で3試合が行われ、広島、DeNA、中日がそれぞれ勝利した。2位のDeNAは首位の巨人に3.5ゲーム差に迫った。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 広島は敵地・巨人戦に3-2で勝利。30日に連勝が「9」で止まったが、再び勝利した。先発のジョンソンが6回4安打7奪三振無失点の好投で8勝目(6敗)。打線は初回に西川が先頭打者弾の10号ソロ、続く菊池涼も7号ソロで続き、3回には鈴木のタイムリーで3点目を奪った。7回に2番手・遠藤がゲレーロに2ランを浴びて1点差とされたが、抑えのフランスアが8回途中から登板してリードを死守した。巨人は先発の高橋が3回途中3失点と誤算。3連勝はならなかった。

 DeNAは本拠地ヤクルト戦に4-3でサヨナラ勝ち。2連勝で後半戦5カード連続の勝ち越しを決めた。1点を追う4回に大和の2点三塁打で逆転し、5回には嶺井の今季初本塁打で追加点を奪取。8回に3番手の三嶋が同点2ランを浴びたものの、9回に宮崎が劇的なサヨナラ打を放ち、試合を決めた。ヤクルトは4番手の近藤がサヨナラ打を浴び、5連敗を喫した。

 中日は敵地で阪神に3-2で勝利した。初回にアルモンテの適時打で先制すると、4回には阿部のタイムリーで追加点。1点差に迫られた6回には藤井のタイムリーで突き放した。投げては山本が6回1失点の好投でプロ初勝利。2番手・福が1点を失ったものの、救援陣もリードを守った。阪神は青柳が6回3失点で7敗目(5勝)。1点差まで迫ったが、及ばなかった。

→1 巨人 94試合53勝40敗1分 -
→2 DeNA 97試合50勝44敗3分 3.5
→3 広島 98試合49勝46敗3分 1.5
→4 阪神 97試合44勝48敗5分 3.5
→5 中日 95試合43勝52敗0分 2.5
→6 ヤクルト 97試合37勝58敗2分 6.0

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」