野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

4勝目のダルビッシュ、「体調不良」で試合後の取材対応せず 米記者が伝える

カブスのダルビッシュ有投手は4日(日本時間5日)、本拠地ブルワーズ戦で5回5安打1失点8奪三振と好投し、3試合ぶりの白星となる今季4勝目(5敗)を挙げた。本拠地リグレー・フィールドでは移籍後2勝目をマークし、ファンから喝采を浴びたが、体調不良のため試合後は取材対応を行わなかったと米メディアが伝えている。

今季4勝目を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
今季4勝目を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

5回1失点8K無四球の快投で白星も…マドン監督が「体調不良」を明かす

■カブス 7-2 ブルワーズ(日本時間5日・シカゴ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ダルビッシュ有を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 カブスのダルビッシュ有投手は4日(日本時間5日)、本拠地ブルワーズ戦で5回5安打1失点8奪三振と好投し、3試合ぶりの白星となる今季4勝目(5敗)を挙げた。本拠地リグレー・フィールドでは移籍後2勝目をマークし、ファンから喝采を浴びたが、体調不良のため試合後は取材対応を行わなかったと米メディアが伝えている。

 ダルビッシュは初回に昨季MVPのイエリッチにメジャートップの37号ソロを浴び、先制を許したが、その後は快投。打者に粘られる場面もあり、球数が増えたが、5回2死一、二塁でグランダルを空振り三振に仕留めた場面ではファンから大歓声を浴びた。

 5回93球とやや早めの降板となったダルビッシュだが、実は体調不良だったという。地元メディア「NBCシカゴ」のマイク・バーマン記者は自身のツイッターで「マドン監督はダルビッシュが今日体調不良だと語った。彼は登板についてメディア対応をしない」とレポート。さらに「マドン監督は彼の登板が素晴らしかったと語った」と、ジョー・マドン監督がダルビッシュの投球を称えたことも紹介している。

 ストライク率は73.1%。2試合連続の無四球で、自己最長の10試合連続2四球以下と安定感のある投球を続けるダルビッシュ。防御率は4.36に。カブスは7-1で快勝し、同地区のライバル・ブルワーズ相手に3連勝を飾った。2016年以来の世界一へ、今後もダルビッシュがキーマンの一人となりそうだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」