野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ブ軍移籍の元日ハム右腕マーティン 一度は野球を諦めた人生「クレイジーだと思う」

ブ軍移籍の元日ハム右腕マーティン 一度は野球を諦めた人生「クレイジーだと思う」

2016、2017年と日本ハムに在籍し、翌18年からレンジャーズでプレーしていたクリス・マーティン投手が7月30日、ブレーブスに移籍した。ブレーブスの地元アトランタの「アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション」紙(AJC)がマーティンを特集。「クリス・マーティンがどのように『lowe's(ロウズ)』での仕事からブレーブスのブルペンに辿り着いたか」という見出しで、33歳右腕の波乱万丈な野球人生に焦点を当てた。

ブレーブスに移籍したクリス・マーティン【写真:Getty Images】
ブレーブスに移籍したクリス・マーティン【写真:Getty Images】

右肩痛で1度は野球を断念 4年間の会社員生活

 2016、2017年と日本ハムに在籍し、翌18年からレンジャーズでプレーしていたクリス・マーティン投手が7月30日、ブレーブスに移籍した。ブレーブスの地元アトランタの「アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション」紙(AJC)がマーティンを特集。「クリス・マーティンがどのように『lowe’s(ロウズ)』での仕事からブレーブスのブルペンに辿り着いたか」という見出しで、33歳右腕の波乱万丈な野球人生に焦点を当てた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 AJC紙は「ブレーブス入団に至るまで、マーティンよりも珍しくて厳しい道を歩んだ選手はほとんどいないといえる」と右腕を評した。

 マーティンは地元テキサス州にあるアーリントン高卒業後の2004年にタイガースから18巡目でドラフト指名され、マクレナン・コミュニティ大1年時の翌05年にはロッキーズから21巡目指名されたが、いずれも拒否。すると、翌06年に右肩の関節唇を損傷してしまう。手術したものの完治しなかったため、一度は野球を諦めて働くことを選択した。「ロウズ」とは米国の住宅リフォーム・生活家電チェーン。アーリントンで4年間、ロウズでフォークリフトを運転したり、テキサス・アプライアンス(家電ストア)で冷蔵庫を運んだりした。米貨物運送大手「UPS」で荷物をトラックに運搬する業務に就いたこともあるという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」