野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天、5時間2分の乱戦を制して3位浮上! 平石監督「いい勝ち越しだった」

楽天が8日の西武戦(県営大宮)で延長11回に相手の失策の間に勝ち越し、無安打で一挙4得点。11-7で勝利した。2カードぶりに勝ち越し、再び3位に浮上した。

楽天・平石洋介監督【写真:荒川祐史】
楽天・平石洋介監督【写真:荒川祐史】

同点の延長11回に無安打で一挙4得点

■楽天 11-7 西武(8日・県営大宮)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 楽天が8日の西武戦(県営大宮)で延長11回に相手の失策の間に勝ち越し、無安打で一挙4得点。11-7で勝利した。2カードぶりに勝ち越し、再び3位に浮上した。

 2点リードで迎えた7回にセットアッパーのハーマンが木村に同点2ランを浴び、6-6の同点のまま試合は延長戦へ。延長10回に浅村の中犠飛で1点を勝ち越したが、その直後に木村に2打席連発となるソロを被弾して再び同点に。しかし延長11回、2つの四球で無死一、二塁のチャンスを作ると、渡邊佳の犠打を処理しようとしたマーティンが三塁へ悪送球。その間に二塁走者が生還し勝ち越しに成功した。その後も押し出しと犠飛で追加点を挙げ、この回無安打で4点を奪った。最後は青山が西武打線を退け、5時間2分の激闘に終止符を打った。

 平石監督は「大事な時期だし、苦しい戦いが続いている。(他のチームに)置いて行かれるわけにはいかないので、いい勝ち越しだった」と西武との3連戦を戦い抜いたナインを労った。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」