野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 「簡単に不安なんてなくならない」―中日小笠原が364日ぶり1軍で見せた“進化”

「簡単に不安なんてなくならない」―中日小笠原が364日ぶり1軍で見せた“進化”

故障で出遅れていた中日の小笠原慎之介投手が10日、横浜スタジアムでのDeNA戦に今季初先発。6回途中まで6安打2失点(自責1)に抑え、上々の復帰登板となった。勝ち投手の権利を得ながらチームがサヨナラ負けを喫して自身378日ぶりとなる白星はお預けとなったが、プロ入り最速を更新する151キロも記録。シーズン終盤に向け、期待の左腕が帰ってきた。

中日・小笠原慎之介【写真:荒川祐史】
中日・小笠原慎之介【写真:荒川祐史】

チームのサヨナラ負けで378日ぶり白星お預けもプロ最速151キロ「試合に負けたら何の意味もない」

 故障で出遅れていた中日の小笠原慎之介投手が10日、横浜スタジアムでのDeNA戦に今季初先発。6回途中まで6安打2失点(自責1)に抑え、上々の復帰登板となった。勝ち投手の権利を得ながらチームがサヨナラ負けを喫して自身378日ぶりとなる白星はお預けとなったが、プロ入り最速を更新する151キロも記録。シーズン終盤に向け、期待の左腕が帰ってきた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 立ち上がりから全開だった。直球で押しに押し、先頭打者の神里に対しては151キロを記録。4回までほぼ毎回走者を背負いながらも無失点で切り抜けた。さらに自らのバットでも5回に中前打で出塁し、二塁走者で迎えた2死一、二塁からの中前打で本塁へ激走。泥臭いスライディングで生還し、泥だらけになりながら自らを助ける追加点を挙げた。

 中盤以降は疲れが顕著に見え、5回に野手の失策から失点。6回には先頭打者で迎えたDeNAルーキーの伊藤裕季也内野手にプロ初本塁打を浴びたところで降板した。ベンチから勝利を願ったが、チームは痛恨のサヨナラ負け。先発としての役目を十分には果たせなかった自らへのいらだちを抑えながら、「全然ダメ。試合に負けたら何の意味もない」と言葉を絞り出した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」