野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、日本人初の6年連続2桁勝利目指し先発も…初回33球で3失点の苦しいスタート

田中将大、日本人初の6年連続2桁勝利目指し先発も…初回33球で3失点の苦しいスタート

ヤンキースの田中将大投手が22日(日本時間23日)、日本人初の6年連続2桁勝利となる今季10勝目を目指して敵地アスレチックス戦に先発。初回にいきなり3点を失い苦しいスタートとなった。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

3安打2四球で3失点、変化球を見極められ苦しい立ち上がり

■アスレチックス – ヤンキース(日本時間23日・オークランド)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 田中将大を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースの田中将大投手が22日(日本時間23日)、日本人初の6年連続2桁勝利となる今季10勝目を目指して敵地アスレチックス戦に先発。初回にいきなり3点を失い苦しいスタートとなった。

 田中は初回、先頭セミエンに右翼への二塁打を浴びると、グロスマンとチャップマンに連続四球。低めへの変化球を見極められ、苦しいピッチングとなる。オルソンは二遊間へのゴロも、シフトを敷いており遊撃グレゴリアスが処理。併殺は取れず、三塁走者の生還を許した。

 さらに、カナにはスライダーをレフトに運ばれて2点タイムリーとされ3失点。ピスコッティにも中前打を浴びて2死一、二塁とされたが、最後はデービスを投ゴロ併殺打に仕留めて、ようやく3アウトを奪った。

 初回だけで33球。3安打2四球で3失点という立ち上がりとなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」