野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井口監督「この3連勝は大きい」首位ホークスに本拠地で3連勝

ロッテは25日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでソフトバンクと対戦し、4-3で勝利した。1-1と同点にされた直後の7回、1死三塁から、代打・清田の投手ゴロで勝ち越し。さらに2死一、三塁から鈴木の適時二塁打で2点を追加すると、先発・種市は8回118球2失点と力投。ソフトバンクを相手に今季2度目の同一カード3連勝を飾った。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

27日からは1ゲーム差の3位楽天と直接対決「次は大事な楽天戦」

■ロッテ 4-3 ソフトバンク(25日・ZOZOマリン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは25日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでソフトバンクと対戦し、4-3で勝利した。1-1と同点にされた直後の7回、1死三塁から、代打・清田の投手ゴロで勝ち越し。さらに2死一、三塁から鈴木の適時二塁打で2点を追加すると、先発・種市は8回118球2失点と力投。ソフトバンクを相手に今季2度目の同一カード3連勝を飾った。

 ロッテは2回に井上がソフトバンク先発・武田から、センターバックスクリーンへ22号ソロを放ち、幸先良く1点を先制。その1点を守り続けてきた先発・種市が7回、連続四球と暴投で無死二、三塁と自らピンチを招くと、1死から6番・中村晃の一塁ゴロで1点を失い、1-1と同点に追いつかれた。

 しかし、種市が同点止まりで踏ん張ると、直後の7回裏、先頭の中村奨がソフトバンク3番手・高橋純の抜けたフォークを頭部に受けて死球で出塁。高橋純が危険球退場となると、緊急登板となった4番手の甲斐野に襲いかかった。右腕の暴投などで1死三塁とし、代打・清田の投ゴロの間に勝ち越し。さらに2死一、三塁で鈴木が左中間を破る2点適時二塁打を放ってリードを広げた。

 その後ソフトバンク打線の反撃に遭い、9回に守護神の益田が1点差まで迫られた。それでも、9回2死満塁のピンチを辛くも抑えて逃げ切った。4月16?18日(ZOZOマリン)以来のソフトバンク戦での同一カード3連勝。首位を相手に、接戦を逃げ切った井口監督は「ホークスのいいピッチャーから打線も点が取れていましたし、投手陣もしっかりつないで抑えてくれた。この3連勝は大きい」と全員で勝ち取った勝利を喜んだ。

 この日で、今季のソフトバンク戦は15勝6敗と大きく勝ち越している。「そこはあまり意識していない」という井口監督。一打逆転のところまで追い上げられた9回の攻防について「これから先、上に行くための1つの試練なのかな」と語っていた。

「まだチームとしては借金はあるし、なんとか一つでも上を目指すために、次は大事な楽天戦が控えている。前回(20~22日)と同じピッチャーが来るので、なんとか打ち返せるようにしていきたい」。1日の休息を挟んで、27日からは1ゲーム差で追う3位・楽天との対戦となる。予想される岸、則本、美馬の楽天先発3本柱を打ち崩し、5月21日以来の3位進出を狙う。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」