野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大混乱? ハム近藤の“2点適時センターゴロ”動画に反響 パTV動画が40万回超再生

25日に京セラドームで行われたオリックス対日本ハム戦で起こった珍プレー。日本ハムの近藤健介外野手が放った打球はライトゴロならぬ“2点適時センターゴロ”という珍しい記録になり、この一打が大きな反響を呼んでいる。

日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】
日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】

25日に行われたオリックス対日本ハム戦の3回に珍プレー発生

■日本ハム 6-1 オリックス(25日・京セラドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 25日に京セラドームで行われたオリックス対日本ハム戦で起こった珍プレー。日本ハムの近藤健介外野手が放った打球はライトゴロならぬ“2点適時センターゴロ”という珍しい記録になり、この一打が大きな反響を呼んでいる。

 3回の日本ハムの攻撃。1死満塁で近藤が放った打球は中堅・宗の頭上を襲った。背走した宗はグラブを懸命に伸ばしボールをキャッチした…かに見えた。だが、ボールはグラブから溢れ出た。一度、宙を舞ったボール宗は再び捕球した。

 だが、この時、一度グラブから溢れたボールはフェンスに当たっており、インプレーに。三塁走者の清水、二塁走者の西川が相次いで生還して2点を奪った一方で、一塁走者の大田は宗がキャッチしたと判断して一塁へ帰塁しようとし、二塁でフォースアウトとなった。

 選手たちも一様に混乱の色が隠せなかったこのプレー。「パーソル パ・リーグTV」が公式Youtubeでこの一連のプレーを「F近藤『センターゴロ』 その時、何が起こった!?」と紹介すると、再生回数が40万回を超える大反響に。ファンからは「なんかみんな可愛い」「不思議なことが起こった!」「これはしゃーないわ」「紛らわしい笑」といったコメントが寄せられていた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」