野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム栗山監督、釧路のハム党に守乱敗戦を“謝罪”「申し訳ない」

日本ハムは27日、釧路で西武に2-8で敗れて借金は2となった。

日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】

年に1度の道東シリーズ初戦は黒星スタート「楽しみにしてもらっていたのに」

■西武 8-2 日本ハム(27日・釧路)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは27日、釧路で西武に2-8で敗れて借金は2となった。

 守りのミスが痛恨の失点につながった。初回1死一塁で先発のロドリゲスが一塁へ牽制悪送球し、一塁走者の源田が三塁へ。直後に森が左翼に犠飛を打ち上げ、簡単に先制点を失った。

 2-2と追いついて迎えた6回には無死一塁で横尾が山川が放った三ゴロを二塁へ悪送球。四球で満塁となった後、金子侑の併殺打の間に勝ち越し点を許した。7回以降、リリーフ陣がさらに失点を重ねた。

 打線は3回に近藤が適時二塁打、5回に大田が中前適時打を放ってそれぞれ試合を振り出しに戻した。1番西川、2番大田、3番近藤の3人合わせて5安打と上位打線は活発だったが、4番以降は7番・平沼の2安打のみとつながらなかった。

 試合前に「この6連戦は本当に大事になってくる」と語っていた栗山英樹監督。年に1度の道東シリーズの初戦を落として「楽しみにしてもらっていたのに。こういうゲームになって申し訳ない」と厳しい表情で言葉を絞り出した。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」