野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト青木、負傷交代のアクシデント 死球受けてその裏の守備で退く

ヤクルトの青木宣親外野手が、1日の中日戦(ナゴヤD)で初回に負傷交代した。

ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】
ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】

初回の第1打席で右手付近に死球を受ける

■中日 – ヤクルト(1日・ナゴヤドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ヤクルトの青木宣親外野手が、1日の中日戦(ナゴヤD)で初回に負傷交代した。

 この日「2番・中堅」でスタメン出場した青木。初回の第1打席、中日の大野雄の投球が右手付近を直撃する死球に。そのままプレーを続行し、バレンティンの中前適時打で2点目の本塁を踏んだものの、その裏の守備からベンチへ退いた。

 青木に代わって、1回裏の守備から中堅には山崎晃大朗外野手が入った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」