野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【U-18W杯】日本、4連覇&18連勝中の米国に大勝! SR進出に王手、打線爆発12安打で16得点

韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は、大会4連覇中で18連勝中だったアメリカを16-7で下して、スーパーラウンド進出に王手をかけた。

3回に適時打を放った東邦・熊田任洋【写真:荒川祐史】
3回に適時打を放った東邦・熊田任洋【写真:荒川祐史】

打線が大爆発、2度の打者一巡を含む12安打16得点で圧勝

■日本 16-7 アメリカ(1日・機張)

U-12代表から社会人代表まで24選手 「侍ジャパン」からNPB入りする経験者たち(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は、大会4連覇中で18連勝中だったアメリカを16-7で下して、スーパーラウンド進出に王手をかけた。

 日本は初回に1点を失ったが、その裏に4番・石川が右翼線へタイムリー二塁打を放ち同点。3回、無死二、三塁から武岡の二塁適時内野安打で勝ち越しに成功すると、無死満塁の好機で石川が2打席連続のタイムリーとなる左前への2点適時打、さらに熊田にも中前2点適時打が飛び出し、この回、打者一巡の猛攻で一挙5点を奪った。

 4回にも2死から韮澤の遊撃内野安打と連続四球で満塁のチャンスを作ると熊田が左前2点適時打、さらに満塁から横山の押し出し四球、坂下の2点タイムリーが飛び出し、リードを一時は10点に広げた。

 だが、中盤から王者米国の猛反撃に遭う。5回は安打と連続四死球で無死満塁とされると、ハッセル、ブコビッチの内野ゴロの間に2点を返され、6回には日本の守備の乱れに付け込まれて3点を奪われた。7回にもロモの適時三塁打で1点を許し、4点差まで詰め寄られた。

 それでも、日本は7回に横山が左翼席へソロを放ち貴重な追加点。8回にも2死満塁から横山が押し出し死球を受けてさらに1点を加えると、坂下、森にも適時打が出て、リードを9点に広げた。終盤は投手陣も粘りの投球を見せ米国打線に追い上げを許さず、最後は宮城が締めて日本は3連勝。2015年大会のファーストラウンドの日本戦で敗れて以降、ワールドカップ18連勝中だった米国に4年、19試合ぶりに土をつけて、スーパーラウンド進出に王手をかけた。

U-18W杯のオープニングラウンド試合日程は以下の通り(※全試合BS朝日・AbemaTVで放送予定)。

8月30日(金)日本vsスペイン 4○2
8月31日(土)日本vs南アフリカ 19○0
9月1日(日)18時~ 日本vsアメリカ
9月2日(月)18時~ 日本vs台湾
9月3日(火)18時~ 日本vsパナマ

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」