野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の「ヘルメット脱げちゃう問題」解決は…米メディア分析、同僚「顎紐が必要」

大谷の「ヘルメット脱げちゃう問題」解決は…米メディア分析、同僚「顎紐が必要」

今季に入ってからのエンゼルス・大谷翔平投手にはある異変が起こっている。それが“スイング時にヘルメットが脱げる”という問題だ。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」はこの問題を取り上げ「なぜショウヘイ・オオタニはヘルメットが脱げてしまうのか?」という考察記事を掲載した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

今季の“ヘルメット脱げた率”はスイング全体の4.27%と米メディア

 今季に入ってからのエンゼルス・大谷翔平投手にはある異変が起こっている。それが“スイング時にヘルメットが脱げる”という問題だ。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」はこの問題を取り上げ「なぜショウヘイ・オオタニはヘルメットが脱げてしまうのか?」という考察記事を掲載した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 記事では「(非公式の)リサーチと、ベースボール・サバントの動画と実際に見た情報によれば、オオタニは今季749回スイングし(9月1日=日本時間2日時点)、ヘルメットが脱げたのは32回(スイング全体の4.27%)だった。6月1日~6日(同2~27日)はヘルメットが脱げなかったが、8月は102打席で17回脱げた」と詳細なデータを公開している。

 一体なぜ、たった1か月の間に17回もヘルメットが脱げたのか。大谷の今季初出場は5月7日(同8日)の本拠地タイガース戦だったが、この時から違いがあったと記事は指摘する。それは1年目には使っていなかったフェイスガードを使い始めたことだ。

 メジャーでフェイスガードを使うのは一般的なことで、エンゼルスでもマイク・トラウト、ジャスティン・アップトン、ルイス・レンヒーフォらが使用している。「頻繁に内角を攻められる打者として、オオタニがフェイスガードを採用するのは普通のことに思える」と考察。しかし初戦の第1打席、第2打席と連続でヘルメットは脱げてしまった。8月23日(同24日)の本拠地アストロズ戦ではフェイスガードを使わなかった大谷だが、その後すぐにまた使用を再開。記事は23日の試合ではヘルメットが脱げなかったのに、再び使い始めたその後の2日間で4回脱げたことを指摘した。

 オースマス監督も「彼の顎、チンガード、もしくはフェイスガードが肩に当たるのだと思う。対策する必要がある」と語っていたという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」