野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18W杯】日本、3位決定戦も逃す 永田監督は謝罪「本当に申し訳ないの一言」

韓国・機張(きじゃん)で開催されている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は7日、スーパーラウンドの最終戦が行われ、野球日本代表「侍ジャパン」はオーストラリアに1-4で敗れ、決勝進出はならなかった。5位が決まり、永田裕治監督は「本当に申し訳ないです。申し訳ないの一言です」と謝罪した。

侍ジャパンU-18代表・永田裕治監督【写真:荒川祐史】
侍ジャパンU-18代表・永田裕治監督【写真:荒川祐史】

オーストラリアに1-4で敗れて、5位が決まる

■オーストラリア 4-1 日本(7日・機張)

「今回の大会の経験を糧に」―侍ジャパンU-18代表、5位で終えたW杯で手にしたもの(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 韓国・機張(きじゃん)で開催されている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は7日、スーパーラウンドの最終戦が行われ、野球日本代表「侍ジャパン」はオーストラリアに1-4で敗れ、決勝進出はならなかった。5位が決まり、永田裕治監督は「本当に申し訳ないです。申し訳ないの一言です」と謝罪した。

 初回に1死二、三塁のチャンスを作ると、石川の一ゴロの間に1点を先制。だが、2回、先頭打者の三ゴロを処理した石川の送球が逸れて内野安打に。続く打者に右前打を浴びて無死一、三塁となると、マクドナルドの打球を遊撃・武岡が捕球できず、中前適時打となって同点とされた。バザーナに左前適時打、さらに代わった前が、レイを三ゴロに仕留めたが、これに石川がバウンドを合わせられず後逸。エラーでさらに2点を奪われ、この回一挙に4点を失った。

 打線は3回、4回と走者を出しながら、2イニング続けて内野ゴロ併殺打でチャンスを潰した。前、そして3番手の池田が踏ん張り、オーストラリア打線に追加点を与えなかったものの、打線がわずか3安打で援護できず。9回も1死一、二塁のチャンスを作ったが、後続が続かなかった。指揮官は「選手たちはよく頑張ってくれましたので。この悔しさを次の経験に生かしていってほしい」と語った。

 これで2勝3敗となり、5位が決まった。3位決定戦への進出もなくなった。永田監督も「まだ試合残っていますので…。残っているんですかね? 本当に申し訳ないの一言です」と3位決定戦進出も絶たれた現実を受け入れられない様子だった。

U-18W杯の侍ジャパン高校代表の試合日程は以下の通り(※全試合BS朝日・AbemaTVで放送)。

○オープニングラウンド
8月30日(金)日本vsスペイン 4○2
8月31日(土)日本vs南アフリカ 19○0
9月1日(日)日本vsアメリカ 16○7
9月2日(月)日本vs台湾 1●3
9月3日(火)日本vsパナマ 5○1

○スーパーラウンド
9月5日(木)日本vsカナダ 5○1
9月6日(金)日本vs韓国 4●5
9月7日(土)日本vsオーストラリア 1●4

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」