前田健太の救援配置転換は「ボーナスを避けるため」 米メディアが懐疑の目

ドジャースの前田健太【写真:Getty Images】
ドジャースの前田健太【写真:Getty Images】

「CBSスポーツ」は「この決断には疑わしい面もある」と指摘

 10日(日本時間11日)のオリオールズ戦で快勝し、7年連続の地区優勝を果たしたドジャース。9月に入りリリーフに配置転換された前田健太投手にはこの日出番はなかったものの、入団から4年連続となる地区優勝に試合後はシャンパンファイトでチームメートらと歓喜の瞬間を迎えた。

 今季、ここまで29試合に登板して9勝8敗1ホールド1セーブ、防御率3.87の成績を残している前田。開幕からローテに入り先発として回ってきていたが、8月28日(同29日)のパドレス戦を最後にリリーフに回ることになった。26度の先発マウンドに立った後の配置転換に、米メディアが「インセンティブを避けるためなのでは」と疑惑の声をあげている。

「ドジャースによるケンタ・マエダの扱いが契約のインセンティブの潜在的な利害の対立を示す理由」と報じたのは、米メディア「CBSスポーツ」電子版。記事では「ドジャースが前田をリリーフに配置転換したのは、今回が初めてではないが、この決断には疑わしい面もある」と、まず指摘している。

 2016年に広島からドジャースに移籍した前田。年俸300万ドル(約3億2100万円)、出来高が厚いという異例の8年契約を結んでいる。出来高は開幕ロースター入りで15万ドル(約1600万円)、先発15試合、20試合登板で100万ドル(約1億700万円)ずつの計200万ドル(約2億1400万円)を得る。

 さらに、イニング数に応じたボーナスもあり、90回から10イニングごとに25万ドル(約2642万円)ずつ加算される。そして、30先発登板、32先発登板で150万ドル(約1億6000万円)ずつ計300万ドル(約3億2000万円)という出来高が設定されている。

記事では30先発、32先発でクリアされる計約3億円の出来高を避けるためと指摘

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY