野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 146キロが顔面直撃→骨折… 衝撃の死球も、最悪の事態は回避「最高のシナリオ」

146キロが顔面直撃→骨折… 衝撃の死球も、最悪の事態は回避「最高のシナリオ」

ブレーブスの30歳、チャーリー・カルバーソン内野手が14日(日本時間15日)、敵地ナショナルズ戦の7回無死一、二塁で代打で登場。MLB現役最年長42歳のフェルナンド・ロドニーの90.9マイル(約146キロ)のツーシームが顔面に直撃。顔面骨折で、そのまま負傷交代となる痛々しい場面があった。

【動画】見ているだけで痛い…カルバーソンの顔面に146キロのツーシームが直撃した衝撃の瞬間

【動画】見ているだけで痛い…カルバーソンの顔面に146キロのツーシームが直撃した衝撃の瞬間

(Full-Count編集部)

この動画の記事を読む

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」