野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、すぐさま同点に 2点先制許すも、グラシアルの適時二塁打と相手失策で追いつく

ソフトバンクがすぐさま試合を振り出しに戻した。18日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。初回に2点を先行されたものの、すぐさま、その裏同点に追いついた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

牧原、中村晃の連打でチャンスを作り、グラシアルは右翼フェンス直撃の一打

■ソフトバンク – 楽天(18日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクがすぐさま試合を振り出しに戻した。18日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。初回に2点を先行されたものの、すぐさま、その裏同点に追いついた。

 先発の高橋礼が立ち上がりに2点を失い、追う展開となったソフトバンク。その裏、先頭の牧原が右前安打で出塁すると、中村晃も安打で続く。柳田も四球で繋ぎ、いきなり無死満塁のチャンスを作った。

 デスパイネは空振り三振に倒れたものの、グラシアルが右翼フェンスに直撃する適時打。二塁走者の中村晃はスタートが遅れ、一度は三塁で止まったものの、相手の送球が大きく逸れた間に2点目のホームを踏んで同点に追いついた。

 なおも1死二、三塁のビッグチャンスは続いたが、松田宣が空振り三振、甲斐が遊ゴロに倒れて一気に逆転とはいかなかった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」