野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA今永、初回から3失点の苦しい立ち上がり 1.5差の3位広島が連打で攻め込む

DeNAの今永昇太投手は19日、横浜スタジアムでの広島戦に先発。初回にいきなり3点を失う苦しい立ち上がりとなった。

DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】
DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】

対広島に6戦5勝と好相性だったが…初回に長打浴び

■DeNA – 広島(19日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAの今永昇太投手は19日、横浜スタジアムでの広島戦に先発。初回にいきなり3点を失う苦しい立ち上がりとなった。

 今永は今季23試合に登板し13勝6敗、防御率2.39。そのうち5勝が広島と得意のはずの相手だったが、初回から攻められた。

 先頭の西川に二塁への内野安打を打たれると、鈴木には低めが決まらず四球。2死一、二塁のピンチとすると、会沢には三塁線を破る先制の2点適時二塁打を浴びた。さらにメヒアには左中間へ適時二塁打と3点をもぎとられた。

 2位DeNAと3位広島は1.5ゲーム差で、これが最後の直接対決となる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」