野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、辛くも連敗止める 千賀打球直撃も6回3失点力投、中村晃が8回決勝犠飛

ソフトバンクが接戦を制して、踏みとどまった。19日、本拠地ヤフオクドームでのオリックス戦。同点で迎えた8回に中村晃が勝ち越しの犠飛を放ち、これが決勝打に。辛くも接戦で競り勝ち、連敗を3でストップ。首位西武は日本ハムに勝ったため、その差は2ゲームのまま、西武のマジックは1つ減って「5」となった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

西武との差は2ゲームのまま、西武のマジックは1つ減って「5」に

■ソフトバンク 4-3 オリックス(19日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが接戦を制して、踏みとどまった。19日、本拠地ヤフオクドームでのオリックス戦。同点で迎えた8回に中村晃が勝ち越しの犠飛を放ち、これが決勝打に。辛くも接戦で競り勝ち、連敗を3でストップ。首位西武は日本ハムに勝ったため、その差は2ゲームのまま、西武のマジックは1つ減って「5」となった。

 先制したのはソフトバンクだった。2回、先頭のグラシアルが右中間を破る二塁打で出塁する、松田宣が中前適時打を放って1点を先行した。3回には甲斐の内野安打、牧原の死球でチャンスを作り、相手バッテリーのミスと犠飛、フィルダースチョイスと相手のミスに助けられて2点を追加した。

 だが、4回に先発の千賀が急変した。3回に右膝付近に打球が直撃した影響もあったのか、1死一塁から、まさかの4連続四球。そのうち2つが押し出し四球となって1点差に詰め寄られた。千賀は6回にモヤに同点弾を被弾して、6回3失点で降板して14勝目はならなかった。

 勝負を決めたのは、同点の8回だった。1死からグラシアルが四球で出塁すると、内川が中前安打で続いて1死一、三塁に。このチャンスで中村晃が増井から右犠飛を放ち、代走の周東が生還。勝ち越し点を奪うと、9回は守護神の森が締めて逃げ切り、連敗を3で止めた。

 オリックスは9連敗のあと、2連勝ののち、また3連敗。4回に千賀の押し出し四球2つで2点を返すと、6回にはモヤが同点の10号ソロ。だが、8回に増井がピンチを招くと、中村晃に犠飛を許して決勝点を奪われた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」