野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・工藤監督、本拠地最終戦飾れず「勝ちたかった」 逆転V厳しも「これからだと」

ソフトバンクの逆転Vは厳しくなった。本拠地ヤフオクドームでの今季最終戦となった21日の日本ハム戦。打線が日本ハム先発の有原の前に1点に抑え込まれて痛恨の敗戦を喫した。

本拠地最終戦セレモニーで挨拶に立ったソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
本拠地最終戦セレモニーで挨拶に立ったソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

本拠地での日本ハム戦に敗れて、逆転優勝は厳しい状況となった

■日本ハム 8-1 ソフトバンク(21日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの逆転Vは厳しくなった。本拠地ヤフオクドームでの今季最終戦となった21日の日本ハム戦。打線が日本ハム先発の有原の前に1点に抑え込まれて痛恨の敗戦を喫した。

 ヤフオクドームで行われた今季最終戦に惨敗した。先発の二保が2回に2点を先行されると、4回にも1点を奪われて4回途中でKOされた。2番手嘉弥真、3番手甲斐野と無失点で繋いだが、4番手で送り込まれた加治屋が3つの四球で満塁とされ、平沼に走者一掃の適時三塁打を浴びた。9回には松田遼も中田に一発を浴びた。

 打線は沈默。有原の前に4回までノーヒット。5回に内川が放った内野安打が初安打で、奪った得点は7回に松田宣が放った30号ソロの1点だけだった。この時点で西武との差は2.5ゲームに拡大。西武のマジックは「3」となり、逆転Vは風前の灯火となった。

 試合後、本拠地最終戦セレモニーで挨拶に立った工藤公康監督は「ここヤフオクドームでのレギュラーシーズン最終戦ということで本当に勝ちたかったです。負けてしまいましたが、我々のシーズンはこれからだと思っています。残り5試合、死に物狂いで、一戦必勝の思いを持って戦っていきます」と誓っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」