野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

国学院大の2枚看板・横山楓、吉村貢司郎ら13選手が志望届提出

全日本大学野球連盟は24日、公式サイトで2019年度の「プロ野球志望届」提出者一覧を更新。国学院大の横山楓、吉村貢司郎、仙台大の小林快ら13選手が新たに公示された。

24日、新たに13人の志望届が公示された
24日、新たに13人の志望届が公示された

国学院の横山は最速149キロをマーク

 全日本大学野球連盟は24日、公式サイトで2019年度の「プロ野球志望届」提出者一覧を更新。国学院大の横山楓、吉村貢司郎、仙台大の小林快ら13選手が新たに公示された。

 国学院の横山は最速149キロの直球と落差の大きいチェンジアップ、カーブが武器の本格派右腕。今春のリーグ戦では28回2/3で33三振を奪った。また、吉村は小さなテークバックから最速150キロをマークする右腕。今春のリーグ戦ではリーグ2位となる防御率0.93をマークした。

 また、仙台大からは小林快投手、稲毛田渉投手、大関友久投手の3投手が提出。小林は最速149キロをマークする身長181センチの長身左腕。大学生はこれで計69名が志望届を提出した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」