野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

打球が球審の右肩に直撃し試合中断のハプニング 楽天対ソフトバンク戦で

24日に楽天生命パークで行われた楽天対ソフトバンク戦で、球審の右肩に打球が直撃し、試合が中断するアクシデントが行った。

浅村のファウルチップが小林球審の右肩に直撃

■楽天 – ソフトバンク(24日・楽天生命パーク)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 24日に楽天生命パークで行われた楽天対ソフトバンク戦で、球審の右肩に打球が直撃し、試合が中断するアクシデントが行った。

 初回の楽天の攻撃だった。先頭の島内が四球で出塁。続く渡辺佳の犠打を千賀が一塁へ悪送球し、無死一、二塁となった。打席に立った浅村は1ボール1ストライクからの3球目、千賀が投じた154キロに対してフルスイングした。

 ファウルチップとなった打球は小林球審の右肩を直撃。その場で小林球審はうずくまり、試合はしばらく中断。ただ、大事には至らず、その後試合は再開された。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」