野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA、2017年組は10選手中9選手が1軍に 12球団ドラフト“当たり年”を探る

10月17日に迫ってきた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。都内のホテルで行われるプロ野球界の一大イベントは、各球団にとって来季以降、そして3年、5年後のチーム編成に大きく関わってくるだけに、是が非でも有望な若手をチームに招き入れたいところだろう。

DeNA・東克樹【写真:荒川祐史】
DeNA・東克樹【写真:荒川祐史】

ドラフト戦略が奏功し、ラミレス監督が就任してから4年間で3度目のAクラス入り

 10月17日に迫ってきた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。都内のホテルで行われるプロ野球界の一大イベントは、各球団にとって来季以降、そして3年、5年後のチーム編成に大きく関わってくるだけに、是が非でも有望な若手をチームに招き入れたいところだろう。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 数年後のチーム作りを左右することになるドラフト。毎年、各球団は5人から多くて10人ほどの若手選手を指名する。ただ、それが結果的に“当たった”かどうかは、数年後になってみないと分からない。そこで過去10年のドラフトを振り返り、各球団の“当たり年”を探ってみたい。

 今回はセ・リーグで2位に入り、2年ぶりのクライマックスシリーズ進出を決めたDeNAだ。

 1998年を最後にリーグ優勝から遠ざかっているDeNA。21年連続V逸と悔しいシーズンが続いているが、2017年には3位から日本シリーズに進出。2008年から2015年は8年連続でBクラスだったが、今季は2位が確定し、アレックス・ラミレス監督が就任してからは4年間で3度目のAクラス入りとなった。

 近年の好成績は指揮官の手腕、ロペスやソトら的確な外国人補強、選手の成長とともに、ドラフト戦略が功を奏していることも大きな要因の1つだろう。特に、ここ5年間の成果は目覚ましい。

 2014年には1位から3位で山崎康晃投手、石田健大投手、倉本寿彦内野手、7位で飯塚悟史投手が入団。2015年には1位で今永昇太投手、3位で柴田竜拓内野手、4位で戸柱恭孝捕手が、2016年も浜口遥大投手や京山将弥投手、佐野恵太内野手らが加入し、戦力となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」