野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、好投でメジャー1年目終える 指揮官も称賛「ポジティブに終えられた」

菊池雄星、好投でメジャー1年目終える 指揮官も称賛「ポジティブに終えられた」

マリナーズの菊池雄星投手は25日(日本時間26日)、本拠地でのアストロズ戦で6回2失点と好投したものの、今季11敗目を喫した。メジャー1年目は32試合に先発して6勝11敗、防御率5.46で終えることに。試合後、スコット・サービス監督は「彼にとって、シーズンをポジティブに終えられた」と好投を称えた。

本拠地でのアストロズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
本拠地でのアストロズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

メジャー1年目は32先発で6勝11敗、防御率5.46

■アストロズ 3-0 マリナーズ(日本時間26日・シアトル)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズの菊池雄星投手は25日(日本時間26日)、本拠地でのアストロズ戦で6回2失点と好投したものの、今季11敗目を喫した。メジャー1年目は32試合に先発して6勝11敗、防御率5.46で終えることに。試合後、スコット・サービス監督は「彼にとって、シーズンをポジティブに終えられた」と好投を称えた。

 初回先頭のスプリンガーに中前安打を許すと、1死一塁からブレグマンに適時二塁打を浴びて先制点を献上。続くアルバレスにも左翼線へ適時二塁打を許していきなり2点を奪われた。だが、2回を3者凡退に封じると、そこから6回までは無失点投球。今季最後の登板は6回6安打2失点の好投だった。

 今季最後の登板で今季104勝目をあげたアストロズ打線を2失点に抑えた菊池。サービス監督も「今夜ユウセイ・キクチは素晴らしかった。本当に本当に良かった。初回に打たれたが、落ち着き、良いリズムで投げていた。今夜の投球は素晴らしかった。残念ながら、打線の援護がなく、勝つことはできなかったが」と投球を称賛していた。

 西武から加入した1年目の今季、菊池を先発ローテの一角として1年使い続けたサービス監督。無事に1シーズンを投げ抜き「彼にとってシーズンをポジティブに終えられた。彼は今年多くのことを学んだ。このように終わることができて嬉しい」と喜んでいた。

 サービス監督はこの日、6回を投げ終えた菊池をベンチで出迎えると、1年間の働きを労うかのように菊池を抱きしめた。左腕は「監督はずっと1年間打たれることもあったんですけど、監督室に呼んでくれて、毎週のようにケアしてくれた。そういう支えがあって1年間ローテを回れたと思いますし、本当に感謝しています。ただこういう悔しい数字が多い中でこの経験を来季、監督のためにもチームのためにも繋げていきたい」と、来季の成長を誓っていた。

(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」